1. TOP
  2. 身長コラム
  3. 子供の身長を伸ばす成長ホルモン! 分泌不全は低身長を招く

子供の身長を伸ばす成長ホルモン! 分泌不全は低身長を招く

 2017/11/29 身長コラム  
子供 成長ホルモン アイキャッチ画像

骨の発達をサポートする「成長ホルモン」。子供たちの身長を伸ばすために、欠かせないホルモンです。

このページでは、そんな成長ホルモンについて学んでいきましょう。具体的には、以下についてお話ししていきます。

・成長ホルモンがどう身長に影響するか
・分泌を促すため、子供に何をさせるべきか
・「成長ホルモン分泌不全」とは

「子供の身長を伸ばしたい」と考えている親御さん必見の記事です。ぜひご覧ください♪

1. そもそも成長ホルモンってなに? 子供の身長にはどう影響するの?

まずは「成長ホルモンと身長の関係性」を少し詳しくお話しします! 理解度を深めた上で、このページを読み進めてくださいね♪

成長ホルモンとは、脳の下垂体から分泌されるホルモンです。

そして成長ホルモンが「身長を伸ばす」と言われているのは、骨の成長を手助けするから。

成長ホルモンは肝臓などに運ばれると、「ソマトメジンC(IGF-1)」という物質を作らせます。そして、ソマトメジンCは骨の発達を促します。

他にも成長ホルモンには、「筋肉の発達を促す」「代謝を良くする」などの役割が。ちなみに、思春期が終わると、成長ホルモンの分泌量は低下してしまいます。

※「思春期が終わると、成長ホルモンの分泌が完全にストップする」というわけではありません。成長ホルモンは、子供だけでなく、大人にとっても大切なホルモンです。

2. 成長ホルモンをきちんと分泌させるため、子供には何をさせるべきなの?

次に「成長ホルモン分泌を促すため、子供に何をさせるべきか」についてお話ししていきます。

例えば、成長ホルモンをきちんと分泌させるため、睡眠・運動・食事に気をつかいたいところ…。「うちの子、できてないかも」と思ったら、ぜひ改善してくださいね。

2-1. 成長ホルモンがたくさん分泌される時間! 子供には「睡眠」をちゃんと取らせよう!

成長ホルモンが多く分泌される時間、それは「睡眠中」そのため、子供にはきちんと眠ってもらうことが大切です。

眠たがる子供

親御さんの生活リズムなどの影響で、「子供が夜遅くまで起きている」という場合は要注意…! 子供がきちんと眠れるように、親御さんがお子さんの眠りをサポートしてあげましょう。

寝る子は育ちますよ♪

2-2. 「運動をすること」も成長ホルモン分泌につながる! 子供には程よく運動をさせよう!

運動をすることによって、成長ホルモンが分泌されます。

さらに、体を動かすと、お腹が空いてごはんも食べられるように。適度な疲労によって、気持ちよく眠れるようにもなるでしょう。

子供が「楽しい」と思えるよう、無理のない範囲で程よい運動をさせてくださいね。

―補足:身長を高くしたいなら、やっぱりバスケットボールorバレーボール?―

「子供の身長を伸ばすなら、バスケットボールorバレーボールがいいかな?」と思っている親御さんもいるでしょう。「バスケットボール・バレーボールをやっている人=身長が高い」というイメージがありますよね。

しかし「バスケットボール・バレーボールをすると身長が高くなる」はちょっと違うみたい…。「身長が高い人が、有利になるスポーツを選んでいる」というのが事実のようです。

2-3. 「栄養バランスの取れた食事」を子供に食べさせよう! 成長ホルモン分泌も、健康も大事!

例えば、「亜鉛は成長ホルモン分泌に関わる栄養素のひとつ」と言われています。しかし、「子供に亜鉛をたくさん摂らせよう」というのは危険な考えですので、絶対にやめてくださいね!

様々な栄養素が、私たちの体を作っています。

「子供に必要な栄養素と摂取量」を知り、「栄養バランスの取れた食事」を与えるようにしましょう。親御さんにとって、「子供が元気に育つこと」が何よりも大切ですよね♪

また、子供はきちんと「朝ごはん」を食べるべき。子供が栄養を摂取できる貴重なタイミングです!

※過剰摂取をすると、体調不良を起こす栄養素もあります。注意しましょう。

3. 子供の低身長は「成長ホルモン分泌不全」によって引き起こされているかも。病院で検査をしてもらおう!

成長ホルモンが正常に分泌しない「成長ホルモン分泌不全」は、低身長を招く原因のひとつです。そんな成長ホルモン分泌不全について、詳しく見ていきましょう。

3-1. こんなときは病院へ!

子供の平均体重・身長などを曲線であらわしたグラフ「成長曲線」。

そんな成長曲線にお子さんの成長具合を記入し「身長がなんとか-2SD(※)or -2SD以下」という場合は、病院へ行くようにしましょう。

また、「まだまだ成長するはずなのに、身長がほぼ伸びていない」など、何か心配な点がある場合も病院に行くのがよいでしょう。

お医者さんと看護師さん

低身長についての知識が多そうな病院を探してくださいね♪

「公益財団法人 成長科学協会の地区委員である」「内分泌代謝の専門医(小児科)である」ということも、医師選びの参考になるそうです。また、「低身長を診てくれるかどうか」を事前に電話などで確認するのがいいでしょう。

初診では、子供の「生まれたときの様子」「成長の過程」「病歴」「親族の身長」などをお医者さんに話すことになるはずです。他には診察とスクリーニング検査(尿検査・血液検査・手のレントゲン検査)も行うでしょう。

※SDとは「標準偏差」のことです。「平均と比べ、子供の成長具合はどれくらいか」を知ることができます。

3-2. 「成長ホルモン分泌不全」が疑われる場合、子供は病院でどんな検査を受けるの? 自己注射もすすめられるの?

初診の結果によって、再診の内容が変わってきます。

低身長の原因として「成長ホルモン分泌不全」が疑われた場合は、「成長ホルモン分泌刺激試験」が行われることでしょう。

子供に成長ホルモンを分泌させる薬・点滴などを使い、何分かごとに何度か採血します。分泌が正常にされているか調べることが可能です。成長ホルモンの分泌を促す薬は何種類かあり、最低2種類2回の試験を行います。

検査をした結果「成長ホルモン分泌不全である」とされた場合は、成長ホルモン剤の自己注射をするよう指示があることも。ちなみに注射針は短く、皮下注射となるようです。子供が自分で注射を打てない場合は、親御さんが打ってあげることになります。

3-3. 診断の結果、とくに異常はなかった。だけど子供に成長ホルモンを投与したい…!

「診断の結果、特に異常は認められなかった。だけど成長ホルモンを子供に投与してあげたい!」そう考える親御さんもいらっしゃるようです。

しかし、異常が認められない限り、治療のハードルはかなり高め…。

成長ホルモンの大量投与は「絶対に背が伸びる」「安全である」と言い切れません。また、保険適用外となるので治療費は高額です。病院によっては「異常がない場合、成長ホルモンの治療はしません」としているところも。

「保険適用外でも治療を考えたい」という場合は、治療を行ってくれる病院へ行き、先生の話をよく聞いてくださいね。その上で家族会議を開き「本当に治療するかどうか」を決定するといいでしょう。

4. 【まとめ】子供の健康と、成長ホルモン分泌を手助けしよう!

子供の身長を伸ばす「成長ホルモン」。

成長ホルモンをきちんと分泌させるために、睡眠・運動・食事に気をつかうようにしてください♪  子供の健康にもプラスとなるでしょう。

爆笑する子供たち

また、場合によっては病院へ行くことも大事です。親御さんだけで悩まず、お医者さんを頼りましょう♪

\ SNSでシェアしよう! /

身長アップるの注目記事を受け取ろう

子供 成長ホルモン アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

身長アップるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 成長ホルモンの自己注射|気になる副作用・費用目安について

  • 筋トレで身長が伸びなくなる危険性|本格的に行うならいつ?

  • 睡眠不足の弊害3つ|身長の伸び悩み・学力低下・肥満を招く

  • 肥満で身長が低くなる? 子供の肥満に気付いたら早く病院へ

  • 骨端線の損傷ってどういう状況? 骨の成長が早く止まる?

  • オスグッドとは|身長が伸びる成長期になりやすい病気!