1. TOP
  2. 身長コラム
  3. 食べ物の好き嫌い克服法5選! 身長の伸びを促す食事を取る

食べ物の好き嫌い克服法5選! 身長の伸びを促す食事を取る

 2017/12/20 身長コラム  
身長 食べ物

身長を健康的に伸ばすためには「栄養バランスの取れた食事」が重要です。この記事を読んでいる親御さんも「子供がスクスクと成長するように」との願いを込めて、栄養満点の食事作りを頑張っているはず♪

しかし、ごはんを一生懸命作ったのにも関わらず、子供に「これは嫌い」「食べたくない」などと言われたことがありませんか? 食事を見た子供に駄々をこねられると、料理した親御さんはとっても悲しい気分になるでしょう…。子供の食べ物の好き嫌いは、親御さんにとってもストレスですよね。

子供の成長のためにも、親御さんが楽になるためにも、食べ物の好き嫌いはぜひ克服させたいところ。そこで、この記事では「食べ物の好き嫌い克服法」をご紹介していきます。

この記事でお話しする克服法は、以下の5つです。

  • 子供にあわせて調理方法を変える
  • 子供に「ごはんを食べること=楽しい」と思わせる
  • 子供のお腹をきちんと空かせる
  • 子供に食材の準備・料理を手伝ってもらう
  • 子供に全品1口ずつでも食べさせる

各克服法ごとに、詳しくお話ししていきますね♪

1. 食べ物の好き嫌い克服法|子供にあわせて調理方法を変えよう

子供に「どうして〇〇が嫌いなの?」と、嫌いな食べ物について聞いたことがありますか…? 「聞いたことないかも」という場合は、ぜひお子さんに尋ねてみてください。そこに克服のヒントが隠れているかもしれません!

例えばピーマン嫌いの子供が「ピーマンは苦いから嫌い」と言ったら、苦みを減らす方法で料理をしてみてください。

<ピーマンを食べやすくする方法>
*苦味や青臭さをやわらげる(1)⇒薄皮をむく
【薄皮のむき方】
①洗う(布巾などを使って、流水でこすり洗いをする)
②魚焼きグリルで全体を焼く(弱火に設定する)
③表面の皮が焦げてしわしわになったら、冷水につける
④手で薄皮をむく

*苦味や青臭さをやわらげる(2)⇒やわらかくなるまでしっかり炒める

*食べやすくする⇒うま味がある食材(お肉など)と一緒に調理する
(例えば、ピーマンの肉詰め、細かく刻んだピーマンとひき肉のカレーなど)

(出典:http://emetore.com/vegetables-dislike/

子供のテンションが上がりそうな調理方法を試すのもいいですね!

例えば、嫌いな食べ物をハート・星の形に型抜きしてみたり…。

少し大変かもしれませんが、子供が好きな動物・キャラクターなどをイメージしたごはんを作り、パーツとして苦手な食べ物を使ってみるのもよさそうです。

かわいいオムライス

ちょっとした工夫で、子供が「嫌い」を克服できるかもしれませんよ♪

(「試行錯誤をしたのにも関わらず、どうしても克服させられない」という場合もあるでしょう。その場合は無理やり食べさせなくてOKです。しばらく避けて、嫌う食べ物と同じ栄養素が摂れる別の食材を探しましょう♪)

2. 食べ物の好き嫌い克服法|子供に「ごはんを食べること=楽しい」と思わせよう

子供が食べ物の好き嫌いを起こしてしまうのは、そもそも食べることが楽しくないからかも。

お子さんがのんびりと食事をしていると「まだそれしか食べてないの?」、食べこぼしをすると「どうしてそんなことしちゃうの?」など。お子さんが食事中にした行動に対し、親御さんがついついキツイ言葉をかけていませんか?

せっかく作った食事をスムーズに食べてくれないと、親御さんもムッとしてしまいますよね。しかし、その気持ちに任せて強く注意すると、かえって子供の食欲減退を招くかもしれません。

食事中、子供に注意などする際は「ネガティブな言葉」は避けましょう。子供が食べ進めたくなるような、なるべく「ポジティブな言葉」で伝えるようにしてください。

ポジティブな言葉で話しかけられたお子さん、話しかけた親御さん、どちらも前向きな気分になれそうですね♪

(「子供が嫌いな食べ物を、親御さんが美味しく食べている姿」を子供に見せるのもいいそうです。「ママ(パパ)が食べているから大丈夫」「食べてみようかな」と子供は思うことができるのでしょう)

3. 食べ物の好き嫌い克服法|子供のお腹をきちんと空かせよう

ごはんのときにお腹が空いていないと「食べたい気持ち」はあまり出てきませんよね。

お子さんもお腹がイマイチ空いていないため、食卓に出た食事を見て「あれはいらない」「これは嫌」と言っているのかもしれません。

食事のときにお腹を空かせるため、見直してほしいのが、子供が食べる「おやつ」。

スーパーやコンビニなどで売っているスナック菓子を「子供が欲しがるときに、欲しがる分だけあげる」はよくありません…。今日からやめましょう。スナック菓子は「ごほうび」として、子供に与えるのが理想です。

では、普段はどんな食べ物を「おやつ」として食べさせればいいのでしょう?

おやつは「食事で補えきれない栄養素を摂るためにある」と思ってください♪

あなたのお子さんに足りていない栄養素を考え、おやつとして食べさせるものを決めます。栄養を補えるのであれば、フルーツ・おにぎりなどでもOKです。

また「おやつの時間はいつも3時」など、できるだけ毎日同じ時間に、食事に響かない量をあげてくださいね。

4. 食べ物の好き嫌い克服法|子供に「食材の準備・料理」を手伝ってもらおう

子供が苦手とする食べ物を、子供と一緒に準備したり、料理してみるのもいいですね。

玉ねぎ収穫

例えば、野菜が嫌いな子供と一緒に、ベランダ・お庭で家庭菜園を始めてみたり。(嫌いな野菜だけだと子供は嫌がるかも…。他の野菜と一緒に育てた方がいいかもしれません)

大切に育てて、やっと食べられるようになる野菜。そんな野菜を見て子供は「ちょっと食べてみようかな」と思ってくれるはず♪

また、子供が嫌いな食材を使い、子供と一緒に料理をしてみるのもいいですね。嫌いな食べ物と触れ合うことで、子供の「食べてみようかな」という気持ちを生み出すことができるでしょう。

5. 食べ物の好き嫌い克服法|子供に全品1口ずつでも食べさせよう

この記事の筆者である私は、現在好き嫌いがほとんどなく、食べることが大好き。

しかし、小さい頃は、食が細いタイプでした。加えて、嫌いな食べ物もそれなりにあったはず。そんな私に、母はどんな風にごはんを食べさせていたのでしょうか。ちょっと思い返してみました。

私の記憶に残っている、母がやっていた行動は以下2点。

【ごはんを食べるときは、テレビを絶対消す】
ごはんの時間は、子供が観たがる番組の時間を避けていました。

【食卓に出ているものは、全品食べさせる】
我が家のルールは「食卓に出ているものは、全品一口でもいいから食べる」。母が食卓に出ているおかずを、取り皿に全品1口ずつ載せてくれていました。全品食べたら、もっと食べたいおかずを追加でよそって食べます。

私の箸がなかなか進まないときは「食べることを躊躇しているおかずが、体にどういいのか」を教えてくれました。(例えば魚だと「そのお魚は、頭にとっても良くって、すごくおいしいのよ」)

テレビをつけないことで、「集中してごはんを食べられる空間」を母は作っていたのでしょう。また「食卓にあるもの、全品1口でも食べる」という決まりのおかげで、私は色々な食べ物を口にすることができました。今、好き嫌いがほとんどないのは、母が美味しいごはんを作ってくれ、食べ物の味を教えてくれたからだと思います♪ 感謝!

(子供が、食卓にある食べ物を全品食べられたら、きちんと褒めてあげてくださいね。「ママ(パパ)に褒められた! 次も頑張ってみよう」と子供は思うことができるでしょう)

6. 【まとめ】食べ物の好き嫌いを克服! 身長も限界まで伸びろー!

これで「食べ物の好き嫌い克服法」の記事はおしまい♪

「効果がありそうだな」と感じた克服法は、ぜひやってみてくださいね。「子供が嫌いな食べ物を克服した瞬間」は、親御さんにとっても感動の瞬間です。

空に手を伸ばす

身長を限界まで伸ばすために、子供には「栄養バランスを考えた食事」をきちん取ってもらいましょう! それは、身長を伸ばすだけでなく、子供の元気にも繋がります。

モリモリ食べて、ぐんぐん大きくなってほしいものですね♪

\ SNSでシェアしよう! /

身長アップるの注目記事を受け取ろう

身長 食べ物

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

身長アップるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 肥満で身長が低くなる? 子供の肥満に気付いたら早く病院へ

  • 膝が痛い! 成長痛って何? 身長が伸びるから起こるの?

  • 子供の身長を伸ばす成長ホルモン! 分泌不全は低身長を招く

  • 成長痛らしき痛みが出たらするべき対処! 子供の健康を守ろう

  • 骨端線の損傷ってどういう状況? 骨の成長が早く止まる?

  • オスグッドとは|身長が伸びる成長期になりやすい病気!