1. TOP
  2. 身長を伸ばす方法
  3. 身長と睡眠|「夜10時〜2時がゴールデンタイム」は嘘?!

身長と睡眠|「夜10時〜2時がゴールデンタイム」は嘘?!

 2017/12/27 身長を伸ばす方法  
身長 ゴールデンタイム アイキャッチ画像

「午後10時~午前2時は、成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイム。身長を伸ばしたいなら、ゴールデンタイムに眠っているべき」という噂があります。

確かに、子供の身長を伸ばすためには「十分に睡眠を取らせること」は重要です。しかし、「午後10時~午前2時に成長ホルモンが多く分泌される」というのは本当のことなのでしょうか?

結論からお話しすると「午後10時~午前2時に成長ホルモンが多く分泌される」は少し違います。

では、成長ホルモンが多く分泌されるのは、一体いつなのでしょう。ちょっと気になりますよね。このページで詳しくお話ししていきます♪

また、「子供をきちんと眠らせるための方法」についてもご紹介。子供の睡眠の質向上のため、できることはぜひトライしてくださいね。

1.「身長とゴールデンタイム」についての知識を深めよう

「身長とゴールデンタイム」の理解度を高めるためには、「成長ホルモン」について知っておく必要があります。そのため、まずは成長ホルモンについて、少しだけお話しさせてください。

1-1. 「身長とゴールデンタイム」について知るために|まずは「成長ホルモン」について学ぼう

成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されるホルモンです。成長ホルモンは、身長を伸ばす鍵となるホルモンのひとつ。

成長ホルモンは、肝臓などに運ばれると「ソマトメジンC(IGF-1)」という物質を作るよう働きかけます。そしてソマトメジンCは、思春期終了まで子供の骨にある「骨端線(こったんせん)」に作用し、骨を伸ばすのです。

骨端線のイラスト11

また、成長ホルモンは、たんぱく質の活動をサポートし、筋肉を作る際にも役立ちます。(筋肉は骨を支えるために必要)

つまり「成長ホルモンの分泌を促すこと」は、子供の身長を伸ばすにおいてとても大事。「しっかり眠ること」も、成長ホルモン分泌を促すポイントとなるのです。

1-2. 「午後10時~午前2時は、成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイム」の真実は?

いよいよ本題に入っていきます。

「午後10時~午前2時は、成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイム」と一部で言われていますが、この説はちょっと違います。

成長ホルモンが、特定の時間帯にたくさん分泌されることはありません。そのため「午後10時~午前2時」と時間帯で示すのはおかしな話です。

しかし「成長ホルモン分泌の機会を多くするために、睡眠時間はきちんと確保すべき。従って、10時くらいには眠っていた方が良い」なら本当と言えるでしょう。

よく眠る子

成長ホルモンは、深く眠っているノンレム睡眠のときに多く分泌されます。(とくにたくさん分泌されるのは、眠り始めてから3時間の間)

朝気持ちよく目覚められるのであれば、小学生は9時間~10時間くらい、勉強・部活などで忙しくなる中学生は7時間以上眠れていれば大丈夫なんだとか。そう考えると「10時には眠っているべき」というのは正しいです。子供には良質な睡眠を、十分な時間取ってもらいましょう。

以上のことをふまえると、睡眠時間まるごとを「成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイム」と捉えてしまってもいいかもしれませんね♪

この記事でも、「睡眠時間=成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイム」として扱い、お話を進めていきます。

2. 身長の伸びを促す睡眠! ゴールデンタイムを逃さないようにする方法7選

この章では「子供をきちんと眠らせるための方法」を7つご紹介していきます。子供の眠りについて悩んでいるパパ・ママ必見ですよ♪ ぜひお試しあれ!

2-1. 身長を伸ばすゴールデンタイムを逃さない|子供が眠る時間を固定する

家事やお仕事などで、眠る時間が遅くなってしまう親御さん。そんな親御さんの生活に合わせ、子供も眠るのが遅くなっていませんか?

もし「親が起きているのだから、子供が眠れないのは仕方がないか」と、親御さん自身が考えているのであれば、その考えを変えていただきたい…!

子供の睡眠不足は、身長の伸びを妨げるだけでなく、学力低下や肥満のリスクを高めたりします。(大人も睡眠不足によって、集中力が低下したり、肥満になりやすくなりますが…)

子供の成長を思い、十分な睡眠時間を確保させましょう♪

そのためには、子供が眠る時間をなるべく固定するといいですよ。「〇時には眠る」という習慣がついてしまえば、子供も眠る時間に間に合うよう行動するでしょう。(眠るための心の準備もできます)

目覚まし時計を掴む

2-2. 身長を伸ばすゴールデンタイムを逃さない|眠る直前にごはんを与えない

健康のためを考えると、夕食は眠る2~3時間前くらいには済ました方がよさそうです。

しかし、習い事などで、夕食の時間が遅くなってしまう子もいるでしょう。その場合は、習い事前に間食(栄養が補えるもの)をさせ、夕食時の食べ過ぎを防ぐのがオススメ。

遅い時間に食べる夕食は栄養バランスをしっかり意識しつつ、高カロリーなものはできるだけ避けるといいですよ。

2-3. 身長の伸ばすゴールデンタイムを逃さない|眠る直前に熱いお風呂に入らせない

私たちの体は、睡眠に向け体温を下げていきます。

しかし、眠る直前に熱いお風呂に入ってしまうと、体温が上がり、すんなり眠れなくなることに…。

お風呂は眠る1時間前くらいに入らせるのが理想的です。

2-4. 身長を伸ばすゴールデンタイムを逃さない|程よく運動させる

体を適度に疲れさせることで、子供もスムーズに眠りにつくことができるでしょう。そのため、子供には程よく運動をさせたいですね。

あなたのお子さんが、お家の中でゲームばかりしていたり、テレビばかり観ていたら要注意です!

2-5. 身長を伸ばすゴールデンタイムを逃さない|眠る前に強い光を見せないようにする

テレビ・パソコン・スマートフォンなどの強い光を出す機器は、子供が眠る1時間以上前から使用させないようにしましょう。強い光は、眠りを誘う「メラトニン」という物質の分泌量を減らす原因になります。

また、眠る直前まで、パソコン・スマートフォンを使いお友達と会話をしていると、会話のやめどきが分からなくなってしまうでしょう。睡眠時間が削られていく原因になります。

2-6. 身長を伸ばすゴールデンタイムを逃さない|絵本の読み聞かせをしてあげる

絵本の読み聞かせをしてあげるのもいいアイデア♪ 子供が望む場合は、ぜひやってあげてください。大好きな親御さんの声を聞くと、子供も安心して眠りにつけるでしょう。

眠る前に絵本を読み聞かせる際は、高いテンションで、楽しく絵本を読んではいけません。声に波をつけず、穏やかに読んであげてくださいね。

(お部屋の明かりは、絵本が読める程度に薄暗くするといいですよ)

2-7. 身長を伸ばすゴールデンタイムを逃さない|家族全員で早寝ができたら最高!

なかなかハードルが高いチャレンジですよね…。しかし、親御さんにとっても、睡眠不足はよくありません!

夜の用事は早めに済ませたり、やらなくてもよい用事は明日やりましょう。家族みんなが、心も体も元気であるために「早寝」を意識してみてくださいね♪

指の家族

3. 「うちの子は病気のせいで眠れないのかも」と思ったら病院へ

アトピー性皮膚炎・喘息など、お子さんがかかっている病気が、安眠を妨げていませんか?

また、睡眠時無呼吸症候群(アデノイド・扁桃肥大が主な原因と考えられる)などになっている可能性はありませんか?

「子供は病気のせいで眠れないのかも」「なんらかの病気が隠れているかも」と思ったら、早めに病院へ行くようにしましょう。

4. 【まとめ】身長の伸びと関わるゴールデンタイム! 身長を限界まで伸ばそう!

身長とゴールデンタイムについては以上です。成長ホルモンの分泌を促すためにも、子供にはちゃんと眠ってもらいましょう。

吹き戻しで遊ぶ子供

親御さんは、子供がきちんと眠れるよう、できることはぜひやってあげてください。子供の身長を限界まで伸ばすため、健康のために睡眠は必要です♪

\ SNSでシェアしよう! /

身長アップるの注目記事を受け取ろう

身長 ゴールデンタイム アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

身長アップるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 身長を伸ばすために必要な栄養素5選! 食べ物15種も公開

  • 身長を伸ばす方法!食事・睡眠・運動+αが鍵

  • 運動と身長の関係は? 背が伸びるスポーツってあるの?

  • 身長を伸ばすため必要な睡眠時間は? 眠れない10の原因!