1. TOP
  2. 身長コラム
  3. オスグッドとは|身長が伸びる成長期になりやすい病気!

オスグッドとは|身長が伸びる成長期になりやすい病気!

身長コラム  
オスグッドとは アイキャッチ画像

子供が「膝の下あたりが痛い」「膝が痛くて思うように運動できない」などと言っていたら疑うべき病気・オスグッド

このページでは、オスグッドについて詳しくお話ししていきます。

具体的には「オスグッドがどんな病気なのか」「オスグッドが疑われる場合、整形外科or整骨院(接骨院)・整体院のどれに行けばいいのか」について解説♪

成長期のお子さんをお持ちの親御さんに、オススメの記事となっています。子供がなるべく辛い思いしなくてすむよう、ぜひ読んでいってくださいね。

1. オスグッド(オスグッド・シュラッター病)とは? 一体どんな病気なの?

はじめに「オスグッドとはどんな病気(ケガ)なのか」について知っていきましょう。少し難しい言葉も出てきますが、イラストとともになるべく分かりやすくご説明します!

オスグッドは正式な病名を「オスグッド・シュラッター病」と言います。スポーツを頑張る、成長期の子供たちに起こってしまいやすい病気です。「脚の使いすぎ(オーバーユース)」が、オスグッドの原因として考えられています。ちなみにオスグッドになる率は、女の子より男の子の方が高いんだとか…。

ここからは以下のイラストを見ながら読み進めてください♪

【子供の膝・構造】

膝の構造イラスト

オスグッドは、膝のちょっと下あたりに位置する「脛骨粗面(けいこつそめん)という場所に異常が起こる病気です。

脛骨粗面では、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と脛骨(けいこつ)が繋がっています。

そして子供の骨には、脛骨粗面の近くに※骨端線(こったんせん)があり、身長が伸びる成長期は骨端線がもろい状態です。そのため、大腿四頭筋が脛骨粗面を繰り返し引っ張ってしまうと、脛骨粗面部分が剥がれてしまうことがあります(=オスグッド)。

オスグッドになると、脛骨粗面部分を押したり、運動をしたりすると痛みを感じます。放っておくと、脛骨粗面部分の骨がポコンと盛り上がってしまうことも。盛り上がってしまった脛骨粗面部分は、自然に引っ込むことはありません。

【オスグッドによって盛り上がる脛骨粗面部分】

また、成長期が過ぎた後に脚を酷使すると、脛骨粗面部分が再度痛む場合もあります(=オスグッド後遺症)。

※骨端線とは‥骨端線とは、子供たちの骨に存在する軟骨細胞が集まった場所です。子供たちの身長が伸びるのは、骨端線部分が育ち、骨が伸びるから。骨端線は思春期を過ぎると閉じてしまいます。

2. 子供がオスグッドかも…。連れていくのは整形外科or整骨院(接骨院)or整体院?

「子供が脛骨粗面部分を痛がっている」「もしかしたらオスグッドかもしれない」と気付いたら、子供に運動を控えさせます。そして、子供の膝を専門家にみてもらうことも大切。

しかし、専門家にみてもらうため、子供をどこに連れていけばいいのでしょう?

恐らく、子供を連れて行く先として候補となるのが整形外科or整骨院(接骨院)or整体院だと思います。インターネットで「オスグッド」と調べると、オスグッドについて詳しく記載された整骨院や整体院のホームページがたくさん出てくるため、整骨院や整体院も気になりますよね…。

しかし、まず最初に子供を連れていくべきなのは、やはり「整形外科」だと思います。整形外科で詳しく検査(レントゲンやMRI撮影など)をしてもらい「本当に子供はオスグッドなのか」を知りましょう。

整骨院・整体院にも通いたい場合は、お医者さんに相談してみるといいですよ。お医者さんの指示に従い、子供のオスグッドと正しく向き合うようにしてください♪

野球の試合に出る少年たち

―補足:整形外科・整骨院(接骨院)・整体院の違いって?—

「整形外科・整骨院(接骨院)・整体院ってどう違うの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。念のため、補足としてそれぞれの違いをご説明しておきますね♪

【整形外科】

整形外科では「医師」が患者を診察してくれます。

レントゲン・MRI撮影などによって、何の病気なのかを診断してもらうことが可能。健康保険も使うことができます。

【整骨院(接骨院)】

整骨院と接骨院はどちらも同じ。「柔道整復師」という国家資格を取得した方が施術をしてくれます。

ただし、医師ではないのでレントゲン・MRI撮影などの医療行為は行えません。ケガに対する処置であれば、健康保険を使える場合もあります。

【整体院】

「整体師」という国家資格はありません。民間資格はありますが、「資格を持っていなければ働けない」ということはないそうです。

整体院で施術してくれる方の技量は様々。「施術してくれるのは、ほぼ素人の方」という場合もあるそうです。健康保険は使うことができません。

整形外科・整骨院(接骨院)・整体院の違いをきちんと理解し、どこを利用すべきなのか考えましょう!

3. 【まとめ】子供のオスグッドと正しく向き合おう!

以上「オスグッド」に関して、なるべく詳しくお話ししました! 最後にこのページのまとめを記載しておきます。

・オスグッドとは

‥オーバーユースが原因と考えられており、膝の下あたり(脛骨粗面)が痛くなる。放っておくと、脛骨粗面部分が盛り上がることも。

・オスグッドの疑いがある場合は

‥子供に運動を控えさせる。医師がいる整形外科で検査をしてもらい、「本当にオスグッドなのか」を確かめる。整形外科の他、整骨院(接骨院)や整体院も利用したいのであれば、医師に相談を。

 

女の子の足

このページはこれでおしまいです。子供のオスグッドと正しく向き合い、子供がなるべく痛い思いをしないよう努めましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

身長アップるの注目記事を受け取ろう

オスグッドとは アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

身長アップるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 膝が痛い! 成長痛って何? 身長が伸びるから起こるの?

  • 成長ホルモンの自己注射|気になる副作用・費用目安について

  • 睡眠不足の弊害3つ|身長の伸び悩み・学力低下・肥満を招く

  • 子供の身長を伸ばす成長ホルモン! 分泌不全は低身長を招く

  • 子供の身長が伸びない原因7つ! 成長するための鍵を知ろう

  • 筋トレで身長が伸びなくなる危険性|本格的に行うならいつ?